海外fxの流れを伝授「業者に流されないために」

業者選びが肝心『海外fxで適切な口座開設をするために』

海外fxの流れを伝授「業者に流されないために」

男性

口座を選ぶ

口座を作りたいのであれば、まず数ある海外fxの中から業者を選ばなくてはならないので、一番評判のいいものをチョイスするといいでしょう。それを調べるのには口コミを見てみるのがベストとなっています。

記入する

海外fxの申込フォームをクリックすると名前や電話番号、口座通貨などが表示されるので、上から順番に指示に添って書いていくといいでしょう。特に、必須と掲載されているものに記入漏れがあれば業者が困るので、必ず書くようにするといいでしょう。

アップロード開始

必要書類のアップロードが全て終わると業者から申し込みの完了メール到着が手元に届くので、登録内容が間違っていなのであれば、本人確認書類をメールURLからアップロードをするだけで、海外fxの契約を完了することが可能です。

支払い

口座が無事開設したという知らせがきたら、その時に初めて入金をすることになります。この入金は取引開始の時に発生する費用のことであって、海外fxの業者への手数料とは異なることを認識しておくべきです。

自分を示すもの

海外口座を開設するにあたって、事前に用意しておかなければいけないアイテムがいくらかあるので、忘れずに準備しておくといいでしょう。また、気になる点があるのなら、業者に直接質問しておくのが賢明です。

用意しておくべき書類とは

何をするにも必須なもの

口を酸っぱくして言われているのが、本人確認書類や住所証明書類となっているので、これがなければ借りることができません。その組み合わせとして、運転免許証と健康保険所か運転免許証とパスポートのどちらかを揃えておくのが得策です。

コピーの仕方

運転免許証をコピーしてきてくださいとスタッフに言われているのであれば、きちんとコピーするといいでしょう。例えば、フラッシュが反射しているものやモノクロ、ピントが合っていないもの、全体が写っていないものは不可となっています。

住所を証明するもの

住民票、公共料金証明書、クレジットカード利用明細書、健康保険所、社会保険書、印鑑証明書、納税関連書類が必要になっています。住民票は発行してから半年以内でカラーなものを持っておくといいでしょう。

マイナンバーカードも有効

近年、日本全国民に振り分けられているマイナンバーカードを申請することによって、本人証明書の代わりにすることができるようになっています。しかし、顔写真が無いものや一点だけでは無効となっています。

広告募集中